留学先で学べるハイレベルな英語

留学先ではハイレベルな英語は日本よりも学べます。



教材の英語は遅く、ハッキリと発音されていて、使われている語法も基礎的なものが多いです。一方、留学先で耳にする、ネイティブスピーカーが使う英語は速くて、訛っていて、難しい語法も沢山、含まれています。日本人英語に慣れていない人にとっては、発音が悪すぎて、日本人英語が理解できない人も多いです。

日本のネイティブスピーカーの先生は日本人英語に慣れているので、理解してくれますが、留学先では簡単な単語すら、通じない場合も多いです。


非常に厳しい環境が待ち受けているので、留学すると英語力はとても高くなります。

リクナビNEXT JOURNALをご提案いたします。

英語に触れている時間も長くなるし、ハイレベルな英語を沢山、耳にすることで、上達できるのです。


教材とは異なり、生きた英語は聞き取るのも、理解するのも、返答するのも、とても難しいです。英語力が不十分な人にとっては難しすぎて役立たない場合もありますが、きちんと留学準備をしてきた人にとっては、とても役立つものです。

異文化交流もハイレベルな教育も、英会話の基礎ができている人向けのものです。
英会話の基礎ができていないなら、まずは日本でしっかりと準備することが大切です。



難しい教材でも楽々、理解できるようなレベルにはしておきたいものです。

難しいと言っても、教材レベルの英語は、生きた英語よりは簡単です。
海外の滞在を有意義なものにしたかったら、教材の英語はどれも簡単すぎると思えるレベルにしておいた方が良いです。