子育てが終わった世代のシニア留学

世界がグロ−バル化する現在、語学の習得を目指して日本を飛び出していく若者の数も増えてきました。

しかし、留学は何も若者だけの特権ではありません。



子育てを終えた世代、定年退職をしたシニアの世代にも今、静かに語学留学の人気は高まりつつあります。
それは若い時代に語学を十分に習得せず、いつかもう一度勉強したいという夢の実現であったり、子供が成長して独立したため、これからの時間は自分の楽しみのために使いたいという思いの形であったり理由はさまざまです。

そしてそんなシニア世代のためにもたくさんのプランが用意されています。

例えば現地の滞在のスタイルとしては、一般的な寮やホームステイだけでなく、プライベートの時間が確保しやすいキッチン付きレジデンスプランを設けていたり、語学のレッスンでも通常のグル−プレッスンの他にも、若い世代と一緒に勉強するのは気後れがするという人のためには、他の国から来た同世代の人々で編成されたクラスをチョイスできるなどの工夫がされています。

ロケットニュース24の有益情報にあふれているサイトです。

また、滞在期間も2週間程度の短期から3ヶ月を超える長期までいろいろと選ぶことができます。



シニア世代の留学は、この年代で新しい文化に触れることで、若い頃には見えなかったものが見えてくるようになったと好評です。


また日本語とは別の違う言語を学ぶことで、向上心を保つこともできます。
他国の人々と出会うことで新しい交流も広がり、第二の人生を豊かなものにしてくれることでしょう。